meta discription SEO

meta discriptionの気付き

現状、検索順位が低いのと
クリック率が低いのが課題になっています。

改善すべきポイントは3つ

  • 記事のSEOリライト→順位
  • タイトル→CTR
  • meta discription→CTR

さっき新しい記事を書いていて、
meta discriotionのリライトのための気付きがあった。

気付きというか、思い出した感じ。

脱サラする前、
直属の上司の言葉を思い出した。

「相手のメリットになることがないと、相手は行動しないよ」

これが、meta discriptionをリライトする上で重要なんじゃないかと。

人は、検索窓で検索しても
全部の記事を読むわけじゃない。

自分のメリット人なりそうな記事をクリックする。

それも、検索窓に打ち込んだワード(つまりSEOで狙ってるキーワード)の答えがあるだけじゃ、クリックはしない。

そんなもの、記事の中にあってあたりまえだから。
それがグーグル検索だから。

検索して見た記事の中に
答えがない状況はほぼなくなってきてるはず。
(これがグーグルの目指す姿だから)

じゃあ、読者はどんな記事をクリックするのかというと。

キーワードのタイプによるんじゃないかと(ここからは仮説)

知りたいワード:自分が欲している情報の、周辺情報までわかりやすくかつ素早く手に入れられる記事。

買いたいワード:できるだけ高品質かつ安値で手に入れられる記事。または、そのことがわかる記事。意思決定できる記事。

ベースはこれかもせんけど、
キーワードを打ち込んだ人の潜在ニーズやと思うねん。

「そうそう!これも知りたかってん!」
「これも知っておきたいねん!」

そういう読者側の潜在ニーズに対してのメリットを
meta discriptionに盛り込まないと。
記事は永遠にクリックされへんかもせん。

あと、潜在ニーズは1つじゃないかもやから
「相手のことを考える」んやで。

「人はメリットがないと行動しない」
スカウトメールとかと同じやな